福島県木造技術開発協同組合

ホーム ふくもく概要 福島の木材 木へのこだわり 木のおはなし お問い合わせ

 

人と環境にやさしい木の暮らし

木のぬくもりに包まれて暮らしたい…そう思ったことはありませんか?
いま、私たちにとって最も身近な資源である木材が改めて見直されています。
なぜなら、木材は太陽エネルギーと生命力によって
ずっと繰り返し再生産することができる、人と地球にやさしい資源だから。
さらに、自然のチカラで育つ木材は、鋼材やアルミニウムと比べて、
はるかに省エネルギー。とても地球にやさしいのです。
地球温暖化の主な原因である二酸化炭素(CO2)を大気中から吸収し、
蓄えてくれる森林と木材の役割が注目を集めています。
樹木は木材になってからも、二酸化炭素(CO2)をしっかりその中に閉じ込めます。
もちろん、木の家になってからもずっと。
木を“育てて使う”ことが、地球温暖化防止の役に立ちます。
木は使えば使うほど、地球にやさしい!
Topics